ライン

自己破産とは

ライン

自己破産とは

自己破産とは一定の財産と引き換えに、すべての借金を帳消しにできるという債務整理の切り札ともいえるものです。 一定の財産とはいえ、世間一般で考えられているイメージとは大きく異なります。

自己破産したからといって選挙権剥奪や解雇、年金の差し押さえなどがあるわけではないので、そこまで不安がることはありません。 むしろ、多重債務で苦境に立たされている人にとって現状を打破するためには有効な手段だといえます。

自己破産を行うためには、地方裁判所に破産する旨を訴えでなければなりません。 その際に、手元にある財産などを整理し、借金の整理が開始されます。

その他にも自己破産をする際には様々な書類を提出したり、手続きのための財産の整理などを行う必要があります。 そのため、弁護士などを雇い、必要な手続きを代理してもらったりする必要があります。 資産を整理した上で「借金が払えない」と裁判所に認めてもらえば、自己破産が成立し借金が帳消しとなります。

選挙権剥奪や解雇などといった極端な話はないものの、やはり一定のデメリットは存在します。 まず、財産は全て整理されてしまいますので、マイホームや自動車などは手放さなければなりません。 それらを失いたくないのでしたら、自己破産ではなく民事再生で借金の返済をしていかなければなりません。

また、弁護士・税理士・司法書士などの資格は破産が欠格要件となりますので、そうした資格は失うことになります。

また、クレジットカードなどの使用も7年は停止されてしまうことになります。 このように、他の債務整理と違い借金は帳消しにできますが、その分デメリットも大きくなっています。

とはいえ、多重債務の苦しみから解放されるのですから、苦境に立たされている方にとっては自己破産も立派な選択肢です。

Copyright (C) 借金問題の解決策『債務整理』を徹底解説!!. All Rights Reserved.