ライン

民事再生とは

ライン

民事再生とは

民事再生は他の債務整理とは少し異なり、住宅を持っている方向けの債務整理となっています。 通常、自己破産すると住宅なども財産として処分され、借金帳消しとなります。

が、それですとせっかくの住宅を失ってしまうので自己破産を避けたいという方もいらっしゃいます。 そうした方は弁護士に依頼して民事再生の手続きを裁判所で行ってもらいましょう。

個人の民事再生とは簡単いえば、住宅ローン以外の借金を減額し、返済するという債務整理です。 普通に借金をしていると、住宅ローン以外の返済に追われ、住宅を手放さざるをえないという状況に追い込まれかねません。 そこで、住宅ローン以外の借金を減額し、長期間(3〜5年)を費やして分割して返済していくのです。

イメージとしては任意整理と自己破産の中間といったところでしょうか。 任意整理では裁判所を介入しない代わりに、民事再生では裁判所を通す必要があります。 ただ、それだけ借金が大きく減額されるため、より返済しやすくなります。 また、自己破産のようにすべての借金が帳消しになるというわけではなく、減額されながらも借金は残ります。 その代わり、住宅を手放さなくてもよく、住宅が残りながら他の借金が減額されるのです。

また、民事再生は家族に影響が出ることはありません。 家族の誰かが、皆様が民事再生をしたからといって住宅ローンが組めなくなるといった事態になることもないのです。

民事再生に関しては高額な債務の際に行われる債務整理なので、弁護士の協力が不可欠です。 個人で対処したりできる問題ではないので、素直に弁護士の力を頼りましょう。

Copyright (C) 借金問題の解決策『債務整理』を徹底解説!!. All Rights Reserved.