ライン

債務整理の実例

ライン

債務整理の実例

債務整理を実行する方の多くは、それまで追い詰められていた方です。 そのため、債務整理をすることによってあまりにもあっさりそうした状況から脱することができて驚いているという方が多いのです。 そんな債務整理の実例について説明していきます。

まず、多くの方は最初、債務整理に対してマイナスイメージを持っているのです。 中々不思議なもので、多重債務に苦しんでいても「これは自分の責任なのだから当然のことだ」とその苦しみを正面から受け止めようという方が多いのです。

これは日本人の特性の一つなのかもしれませんが、借りたものは自力で返すということを美徳としている風潮があります。 しかしながら、金融会社からの借金についてはこの論法は通用しない面もあるといえます。

我々は本来、お金を借りる時には「利息制限法」で定められている金利さえ払えばいいはずなのです。 ところが、多くの金融会社はその「利息制限法」よりも高額な金利を定めても問題がない「出資法」によって金利を定めています。 普段はこの事実を一切口外しないのに、弁護士などから債務整理を言い渡されるとすぐさま利息を減額したりするのです。 もちろん、そうでもしないと金融業なんて成り立たないのですが、その事実を知らされずに金利を払っている身からすれば若干不公平な感じがしませんでしょうか?

金融会社もしっかりと経営を成り立たせるための手段を合法的に講じているのですから、こちらも債務整理で借金を整理することに引け目を感じることはないのです。

債務整理をしたことで多重債務の完全返済の見通しが立ってすっきりしたという声や、自己破産したことで人生の再スタートを切れたという声はたくさんあります。

多重債務に対して罪悪感をお持ちの方は、ぜひこれを機に債務整理を行い借金の完済を目指しましょう!

Copyright (C) 借金問題の解決策『債務整理』を徹底解説!!. All Rights Reserved.