ライン

特定調停とは

ライン

特定調停とは

特定調停は債務不履行に完全には陥っていないけれど、現時点でかなり苦しい状況にある方に適している債務整理です。 簡易裁判所で現時点での借金を整理し、債務者の返済環境を整えてくれるのです。

任意整理との最大の違いは、やはり簡易裁判所を通すということです。 そのため弁護士・司法書士に依頼しなければなりません。 ただ、債務額が140万円を超えると司法書士には交渉権・訴訟代理権はないので、弁護士に依頼することとなります。

特定調停では、債務者と債権者の間に簡易裁判所が介入し、債務整理案を作成していきます。 借金の総額から利息制限法で定められている以上の金利分の減額を行います。 そうすることで減額した借金を債務者が債権者に無理なく返済できるよう、分割して返済するよう命じるのです。 そうして特定調停がなされると、調停調書が作成されます。 この調停調書通りに債務者が返済しないと、債権者である金融会社は裁判所に訴えることなく債務者の給料や財産差し押さえなどをして返済を強制することが可能なのです。

このように、簡易裁判所で債務者(代理として弁護士・司法書士)と債権者(金融会社)が借金の調整をしていくというのが特定調停です。

この特定調停を行えば、現在の借金の総額から余分な利息分を減額することが可能ですので、借金の総額を減額することが可能です。 また、借金も分割してもらうことで月々の返済スケジュールも立てやすくなり、その期間は利息も発生しません。 多額の債務で毎月頭を悩ますといった現状を変えることができますので、ぜひ特定調停を行ってみましょう!

Copyright (C) 借金問題の解決策『債務整理』を徹底解説!!. All Rights Reserved.